2019年5月28日 Bitcoin価格市況

日足チャート

8591USDから8243USDは折り返し地点に差し掛かりやすい値動き。これは去年の4月から同じ動きです。

現状日足レベルで確かなチャネルやサポート、レジスタンスは引きづらい。

 

4時間足

4時間足レベルではアセトラ(Ascending triangle)を形成しており、やや騙しの下抜けがあるもの上に抜けています。

これは長期でみても買いサインを出しておりロングを8000USD ±100でもっているのであればホールドが基本。半分利確してもいいかもしれない。

ただ5/26に起こった急騰はやや出来高が物足りないのもあり、一度価格を落とす懸念はぬぐいきれないし、ほぼ半値戻しはすると考えられる。

15分足

15分足までみていくと現在小さなダイヤモンドフォーメーションの形成が完了しており、ほとんどパターンで価格下落が想定される。

 

直近高値を追い抜けないのは当たり前で且つ、出来高の細り方的に次の動きを待った方がいい。こういう時は上抜け、下抜け共にポジションを持てるようにストップ指値をさして有利な展開で有利なポジションを持てるように調整した方が良いと考えられる。

 

現状まとめ

長期でみる限りロングの目線は崩したくない。

短期的に調整をすることがほぼ決定的な状況で現在はショートポジションをもっている。

ロットは通常通りのロットを差し込むのがいいとは思うし、現状ロスカットラインがどちらでも近いので損失が小さいながらも利益を狙えるのでリスクリワード的にはどちらでも問題ないと考えられる。