台湾No.1仮想通貨取引所BitoProがおすすめ!IEOに特化した仮想通貨取引所

bitopro

BitoProとは?

BitoPro公式トップページ
BitoProはBitoEXのチームが開発しています。2014年から仮想通貨におけるウォレットや、ビジネスアプリケーション、仮想通貨の財務監査などを解決するべく動いています。

BitoEXチームは仮想通貨産業に注力しています。ユーザーに対して包括的に優秀でユニークなサービスを提供しています。
BitoEXのチームは世界的に仮想通貨が使われると考えており、今後、台湾だけでなく世界のマーケットをみています。

2017年に仮想通貨市場の需要増加に反応して、BitoEXチームは仮想通貨取引所BitoProの開発を決定しました。台湾でNo.1の流通量を持っている通りかなり使いやすい取引所です。

BitoProは台湾ドルの法定通貨で入出金が可能で、もちろん日本円には対応していません。
手数料も良心的でMaker(指値)0.1%、Taker(成行)0.2%です。マージン取引はまだ実装されていません。

BitoPro仮想通貨取引所

取引所名称 BitoPro
手数料(Maker) 0.1%
手数料(Taker) 0.2%
利用可能支払方法 台湾ドル
仮想通貨
マージン取引 なし
取引通貨ペア数 38
取扱通貨 17
Website https://www.bitopro.com/
Meium https://medium.com/@BitoEX
E-mail support@bitopro.com
whitepaper https://bito.bitopro.com/docs/whitepaper-en.pdf

BitoProが発行するBITOトークンについて

BITOトークン

2018年5月26時間で6億台湾ドル(約20億円)調達をしたBITOトークンがあります。
あまりのも早く調達してしまったため市場でも評価が高いです。

トークンのトランザクションなどはEtherscanからご覧になれますが、取引所トークンなのでオンチェーンでの取引は活発ではないようです。
Etherscan

BITOの使用用途について

BITOは取引所、法定通貨との交換、決済時の手数料として使われることが考えられます。BinanceのBNBトークンと同じように取引所の取引手数料が優遇されます。
また、BITOはホルダーに対して今後上場されるICOの優先権が与えられ、同時にエアドロップを受けられると行った待遇が用意されています。

BitoProは台湾だけでなく世界を見ている

BitoProロゴ

BitoProは単なる一仮想通貨取引所という立ち位置ではなく、台湾から世界を見据えて施策を行っています。
現在、BitoProではIEO(Initial exchange offering)と呼ばれる新しいICOに似た資金調達手法のプラットフォームを担ったりその役割は台湾だけにとどまらない施策が多く今後も見逃せません。