仮想通貨IEO(Initial Exchange Offering)とは?

what-is-ieo

IEOの概要

2017年から急速に話題に上がっているICO(Initial Coin Offering)ですが、2019年の今まで様々な問題点が挙げられて来ており、現在は2018年初期のような盛り上がりはありません。

ICOが抱える問題点を払拭するため近年、IEOという手法が注目されています。

IEOはトークンの販売と配布をICO事業者がある仮想通貨取引所に委託して資金調達を行います。

これまでICOはプロジェクト側と投資サイドのユーザーが直接取引を行うのがセオリーでしたが、IEOはこれまでのICOとは異なり、プロジェクト側とユーザーの間を取引所が請け負う形になります。

IEOのメリット

Merit

IEOのメリットは第一にユーザー側にとって多大なメリットがあります。

これまでエスクローと呼ばれる取引を公正に管理する役目がICOにはありませんでしたが、IEOでは両者の安全を測りながら資金調達をすることが可能です。

また、仮想通貨取引所として新規のICOプロジェクトの資金調達窓口を担うためにヂューデリジェンス(投資対象に対しての価値やリスクの調査)を行います。これはICOプロジェクトが健全だということがある一定のラインを担保するのに役立ちます。

またICOに対する法律は各国法整備が追いついていない状態です。

このある意味無法状態であるICOの環境を取引所という仲介が取り仕切るのに適しています。

またIEOの多大なるメリットとして上場がほぼ決定していることがあります。

数多くのICOがこれまで立ち上がって来ましたが、上場まで到達したICOプロジェクトの方が少ないという状態です。

MEMO
  • ICOプロジェクトは取引所に登録しているユーザーに対して訴求可能
  • ユーザーは仮想通貨取引所が間を取り持っていることもあり安全に投資活動が可能
  • IEOを行なっている=上場が約束されているので投資効率が高い
  • そもそも詐欺の心配をする必要が低減される

IEOのデメリット

Demerit

IEOはICOプロジェクト側からするとハードルが高い手法です。
ICOが隆盛した理由は、誰でも簡単に資金調達を行い、プロジェクトの実現ができ
るという世界観が原因です。

その手軽さから初期は真っ当なICOプロジェクトが多かったと思いますが、現在ではICO詐欺や、スキャムという言葉が一般的な言葉になるほどでした。それらの背景からIEOという手法に注目が上がるのはこれまでのICOの歴史から鑑みて納得せざるを得ません。
しかし気軽に資金調達ができる環境から、審査や煩わしい作業が発生してしまうのはデメリットの側面として捉えていいでしょう。

IEOへの参加方法

基本的にIEOの参加方法は簡単で、仮想通貨取引所への登録を行なっていればいつでも参加が可能です。

IEOについての現状の考察とまとめ

ICOの良さである軽快に資金調達が可能な点をそぎ落としてまでも、投資家サイドとしては比較的かなり安全に、また上場時期も近いと考えられるプロジェクトに投資できる点でかなり優位だと考えられます。

今後も仮想通貨における資金調達手法は様々な手法が考えられていくと思いますが、現状の最適解としては十分すぎると考えています。